a_window_into_the_past_640_01
昔と変わらぬ建物があるって、本当に素敵なことなんです!
a_window_into_the_past_640_02
あの扉から子供がこっちを見てたり

a_window_into_the_past_640_03
兄弟が揃ってたり

a_window_into_the_past_640_04
昔の車を思い出したり

a_window_into_the_past_640_05
よちよち歩きのあの子

a_window_into_the_past_640_06
パラレルワールドみたいな

a_window_into_the_past_640_07
お店が残っているって結構すごいこと

a_window_into_the_past_640_08
おしゃまガールズの思い出

a_window_into_the_past_640_09
まさか、お隣の女の子は!?

a_window_into_the_past_640_12
ただただ可愛いね・・・

a_window_into_the_past_640_17
親子が話している瞬間って、妙に思い出の中でもセンチメンタル

a_window_into_the_past_640_22
レトロな昭和感。


なんだかちょっぴりパラレルワールド的なこの写真。
一度はやってみたくなりますね。

ちなみに私は引越が子どもの頃から多く、それぞれ住んでたところの歴史が短いので、あんまり昔のことを覚えていません。

ですがそれなりに写真は残っていて、覚えてないけど懐かしいような気がするものもたくさんあります。

それでいつだったか、割と大人になってから住んでた場所をいくつかまわったことがあるのですが、5軒のうち3軒は既に取り壊されていましたよ・・・。一番寂しかったのは友達と同居していたアパートが駐車場になってたことかなぁ(TロT) 

そういえばパラレルワールドは昔から繰り広げられている世界ですけど、「過去・現在・未来は同時に存在している論理」っていうのもあるそうですね?

普通に考えて今こうやってパソコンを連打している一打一打は全部過去から未来へとつながっている動きに思えますが、実はこれらはひとつひとつの瞬間がつながっているようにみえるだけ、というもの。

パタパタマンガみたいに、1コマ1コマがあるのですが、それは1冊にまとまったものではなくて、同時に何枚も横に並んでいて実は1コマ1コマを選択しているだけなんだけど、その早さがつながっているように見えるだけ・・・ということらしい(わかりますか?)

でも正直、このパソコンを連打している間に思うことは、ここはつながってるだろう・・・という考えなのでしたf(^^;) 

【この記事のカテゴリ】