amazing_pen_drawings_640_high_01
どう見てもフェルメールの真珠の耳飾の少女だけど、ペンでぐるぐる描いた・・って信じられる!?
amazing_pen_drawings_640_high_02
ゴーギャンだって指紋みたいにぐるぐる

amazing_pen_drawings_640_high_03
モナリザだって、ファーバーカステル1本でぐるぐる描いただけ

amazing_pen_drawings_640_04
太さの強弱だけなのです

amazing_pen_drawings_640_05
中心から途切れることなくぐるぐる

amazing_pen_drawings_640_06
全体が見えてる魔法の手

これらはあのドイツの筆記具ブランド「ファーバーカステルピットアーティストペン」で描いた絵ばかりです。水性顔料インクで透明感があるペンなので、ペンでイラストを描く人には大人気のペンです。昔、イラストのワークショップに参加した時に、お土産で配られたのがこのペンでした。まずはコレで描いてみて、ということでした。

この人の手法が本当に魔法のようで、中心にペン先を置いたら、そこをスタート地点としてぐるぐる描いていくだけ。

でもよーく見たらわかるように、線はただぐるぐる描いているだけではなくて強弱がついてるんですね。

その強弱がついた線が円形になっていくと・・・名画が浮き彫りになっているというスゴ技なんです!

こういうアーティストが出現してくれたら、ファーバーカステル社は大興奮ですね(笑)

それにしても単色、ペン1本でフェルメールが出現してくるのはすごい。

そろそろ「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」に行こうと思っていたところでしたが、一刻も早く行きたくなりました。

ちなみに展覧会の音声ガイドは「あさが来た」の朝ドラで大人気の玉木宏さんがやってるらしいですね。あの渋い声でガイドされたい!!という女子がいっぱいいるんだろうな(笑)
 
【この記事のカテゴリ】