unique_visual_art_collection_640_01
車のライトがでろんでろん・・・
unique_visual_art_collection_640_02
明るい湖

unique_visual_art_collection_640_03
これはスペードでもなく、ハートでもなく・・・ハンド?

unique_visual_art_collection_640_04
かわいいダイヤ

unique_visual_art_collection_640_06
光が危ない!

unique_visual_art_collection_640_07
脳みそVS拳

unique_visual_art_collection_640_09
朝と夜

unique_visual_art_collection_640_10
人を殺すことに興味がなーい

unique_visual_art_collection_640_13
食べると見せかけての~

unique_visual_art_collection_640_15
乗りたい!

unique_visual_art_collection_640_19
メガネ型砂時計

unique_visual_art_collection_640_20
虹は汚物だったのか・・・

unique_visual_art_collection_640_23
この舟に乗りたい

昨日もアート系の写真だったのですが、今回も!

ちょっと絵本の世界のようなイラストがたくさんありますが、こういうの好きなんですよね~。

こういう人たちって小さい頃から本をたくさん読んでいるんだろうな、と思います。読書量で結構その人の人格の器の大きさって変わってくると思うのですが、想像力もしかり、です。

絵本といえば、小学校では推薦図書になることが多い「おしいれのぼうけん」って知ってますか?

あれ、低学年の時に初めて読んで、夜眠れなくなりました。怖くて。
布団の横が押し入れなんですもん。
今も図書館で見かけて開いてみたら「結構怖い絵をしている気がする・・・」と改めて思いました。あえて怖い話、として作られた物より怖い気がする。

ああいう押し入れが異次元の世界につながってるとか、よくあるストーリーかもしれないけど、そこからは本当にその作者の色が出て、ドキドキわくわく、どうしてこんなことを思いつくんだろう?と感心します。

昔、絵本作りのワークショップというのに参加したことがあるのですが、最初にやったのが「赤」と聞いて連想する言葉を30個あげろ、というものでした。

ぱっぱとあげられたのは10個くらいで、その後はゆっくり一つずつ思いつくといった感じで。

でも毎日一冊の本を読む、という別の生徒さんは数分で30個あげてましたね。
そういう力って、1日じゃどうにもならない力だと思うのでした。

【この記事のカテゴリ】