extreme_and_wet_wedding_photography_640_02
通常絶対塗らさないウェディングドレス、濡らしまくりの写真、はじまり、はじまり~
extreme_and_wet_wedding_photography_640_04
彼は普段着でいいのか?

extreme_and_wet_wedding_photography_640_05
ひたひた

extreme_and_wet_wedding_photography_640_07
死体となっている・・・

extreme_and_wet_wedding_photography_640_08
飛び込みまーす!

extreme_and_wet_wedding_photography_640_09
酔いしれる二人

extreme_and_wet_wedding_photography_640_10
服なんて気にしなーい!

extreme_and_wet_wedding_photography_640_11
魚のように

extreme_and_wet_wedding_photography_640_13
見て見てー!

extreme_and_wet_wedding_photography_640_14
PUFFY由美とTMレボリューションを思い出した

extreme_and_wet_wedding_photography_640_20
シャワーで!

extreme_and_wet_wedding_photography_640_21
海辺で結婚式の後・・・

何でウェディングドレス×水としたのか、なんて理由を考えるのは野暮ですかね(笑)

ドレスで海に入ったら衣類が重くなりすぎておぼれないんだろうか・・・というのが素朴な心配でしたが。

友人がそろそろ結婚式をするらしいのですが、彼女のウェディングドレスへのこだわりが強すぎて、いっこうにプランが決まらないとイライラしてるようでしたf(^^;) 

一生に一度のこと!と女の子が悩むのは致し方ないと思うので、そこは男の辛抱だと言っているのですが、「どれも変わらなくね?」といっちゃー終わりですよ! たとえ彼女が「えー」といっても、本気で彼女に似合いそうなドレスを選んで意見してたら、とりあえず円満かと思われます。

そうそう、あと友人はレンタルでいいんじゃないかと思っているのですが、彼女は人が袖を通したドレスなんて嫌だとのこと。
これは人それぞれでしょうけどね。
でも買った後、ずっと持ってる気?邪魔だろ?というと、「それはそうだけど、そしたら売ればいいし」といわれたそうです。

ドレスって古着だとどれくらいで売れるんでしょうね。
ちなみに別の友人は奥さんが自分で縫って作り、式が終わった後に、材料費1万円ほどで売ったそうです。・・・なんてエコ。というより、ドレスまで縫えるスキルは素晴らしい。

みんなこれをマネしてみては!?(笑)
【この記事のカテゴリ】