soda_can_sized_puppies_640_01
缶よりちょっと大きいくらいのまだまだ赤ちゃん
soda_can_sized_puppies_640_03
背の高さは勝ってるぜ!

soda_can_sized_puppies_640_05
黒白ワンコちゃんは少し大きくなってきた

soda_can_sized_puppies_640_07
目線は一緒

soda_can_sized_puppies_640_08
じゃれ合い

soda_can_sized_puppies_640_10
あのね・・・

soda_can_sized_puppies_640_11
缶が見えてない

soda_can_sized_puppies_640_12
小さくなると同じ高さ

soda_can_sized_puppies_640_13
マウンテンデューと目線が一緒

soda_can_sized_puppies_640_14
ぺろぺろ

soda_can_sized_puppies_640_19
両方インテリアみたい

soda_can_sized_puppies_640_high_04
飲んじゃえ


缶よりちょっと大きいくらいのワンコ・・・たまらんですね!!

今朝、それくらい小さい子犬を散歩させてる飼い主さんを見かけましたが、ワンコって生後どれくらいから散歩させるものなんでしょう?
擬音をつけるなら「ちきちきちきちき・・・」がぴったりきそうな、短い足を小走りにして頑張って歩いてましたよw

自分が子供の頃は子犬が捨てられてるとか、野良犬が子供を産んだとかいう話はざらでしたが、今は犬の野良はほとんどいない世の中なので、なかなか偶然生まれたての子犬と出会う機会なんてなさそうです。

去年、知り合いが保健所に行き、処分予定の犬を一匹引き取ってくる!といって出向き、妊娠している母犬を引き出して、子供を産ませ、親子で飼うようになりました。子犬は3匹。

子犬がまぁ、小さくて、ふわふわで、あどけない目をしててかーわいいんですよね!!

そして知り合いの行動に「やさしい人なんだなー」と好感度が勝手に上がってしまいました。

子犬はそれこそ缶サイズくらいでしたが、今は当然母犬と同じくらい。成犬が4匹ともなるとなかなかの大所帯でしたが、全員個性があってかわいかったです。

ちなみにたまたま話があって、一匹は盲導犬になる予定のようです。
盲導犬になるためのステップもなかなか大変だと思いますが、無事に、怪我なく、元気に過ごしてもらいたいなと思うのでした。

【この記事のカテゴリ】