awesome_letter_tattoos_640_01
大文字で
awesome_letter_tattoos_640_02
絵のように

awesome_letter_tattoos_640_03
かわいい手描き文字

awesome_letter_tattoos_640_04
エレガントなレタリング

awesome_letter_tattoos_640_05
くっきり!

awesome_letter_tattoos_640_06
タイピングしたみたいな

awesome_letter_tattoos_640_07
赤みの痛々しさのほうが気になるパターン

awesome_letter_tattoos_640_08
イラスト的に

awesome_letter_tattoos_640_10
愛は痛いのか・・・

awesome_letter_tattoos_640_13
赤文字!目立つ

awesome_letter_tattoos_640_14
綺麗な字

awesome_letter_tattoos_640_19
大きいことを考えよー!

レタリング。

子どもの頃、本好きの父親の本棚に、レタリングの本が一冊ありました。
父が描いている気配はゼロでしたけど。

他の本は難しすぎて全く読もうと思いませんでしたが、レタリングの本はちょっとした芸術本だったので、毎日のように開いていた時期があります。

ペンにインクをつけて描くものなのに、鉛筆でトレースしてみたりして。
なので全然描き方が違うはずなんですよね(笑)

そのうち大人になっていくとそれほどレタリングに興味がなくなり、普通の細い字で筆記体を書くほうが好きになってしまい、(手で文字を書くことをレタリングというんだよ・・・と突っ込みはなしで!)特別挑戦することもなかったのですが、改めて見てみるとやっぱりカッコイイな!

レタリングの通信講座情報を見かけて、少し気になってみたり。

ついつい何か学びたくなる1月(笑)

でも本当に学ぶ気があるなら、一冊本屋で本を買ってくるだけでも、やる人はやるんですよね(笑)
【この記事のカテゴリ】