cars_swept_into_the_ocean_640_01
ブラジルのあるビーチで、水着のレジャースタイルの人々、車の救出作業中・・・
cars_swept_into_the_ocean_640_03
水着の可愛い少女が見つめる中・・・

 cars_swept_into_the_ocean_640_04
1台や2台じゃありませんでした

cars_swept_into_the_ocean_640_08
大人の男達が力を合わせて車を押す!

cars_swept_into_the_ocean_640_09
でも海の家あたりまで水かさが増していたのでした

cars_swept_into_the_ocean_640_10
頭を抱える!!

cars_swept_into_the_ocean_640_11
高みの見物な人たちは他人事?

cars_swept_into_the_ocean_640_12
波が襲ってくる!!

cars_swept_into_the_ocean_640_15
もはやどこにどう車を動かしたいのか定かではない

 ただ楽しく海に遊びに来ただけなのに!!!
夢中になって振り向いたら車が波にさらわれる事態になっていたのでした。
自分の車だったら泣けます。

海の中に車が入っていってしまったら、危険すぎて結局波で遊んでる場合ではありません。

というより、ここまで波が強く、浜辺も見えなくなってきてしまったら、車を救出するのも危ないですよね。
怪我人が一人も出てなければいいのですが。

若かりし頃、田舎に住んでる男友達が、酔っぱらい運転をして(警察に捕まってもおかしくないのですが、その頃は今ほど代行で頼むといった時代ではなかった)あぜ道を走っている途中、田んぼに突っ込みました。

見事に車の半分が田んぼの土と水にハマり、車はそのまま廃車となったことが・・・。その車は私の家族がその友人に安くゆずったものだったのですが、譲って5日くらいの出来事だったので、家族が「なんか寂しい・・・」と呟いていたのを覚えています(笑)

当然ですけど、そうなってみると一気に酔いはさめ、あとは車の無事を祈るしかなくなるようで。。。でも夜だったので即座に救出もできず、というどうにもならない状況だったそう。

車って一瞬で廃車になってしまうデリケートなものなのだな、と思ったものでした。
【この記事のカテゴリ】